親知らずが痛い

親知らずの治療について

親知らずがはえてくると、歯みがきがしにくくなったり、腫れて痛くなったりすることがよくあります。

親知らずは必ず抜かなければならないわけではありません。
歯並びやかみ合わせに問題がない場合は残すこともあります。
ただ、歯ブラシが届きにくい位置にはえているため、ご自身でのケアが難しく、他の歯をまきこんで虫歯になりそうな場合は抜歯をおすすめします。

痛みや腫れがある場合には、すぐには抜かず、消炎処置をしながら抜くことがほとんどです。

安全に抜歯するために必ずレントゲンを撮り、お口全体の環境を良くして(クリーニング)からの抜歯をおすすめします。

抜歯後にお顔が腫れたという話を聞いたことがあるかもしれません。
下あごの骨は上あごの骨よりも固く、年齢を重ねるごとに骨と親知らずの根は強固にくっついてきます。
その為、上の歯を抜くより、下の歯を抜くほうがリスクは上がります。
また、下あごの中には大きな神経管があり、親知らずの根っこと近接している場合には、大学病院への紹介状をお渡しすることもあります。

また、喫煙されていると免疫が弱まり血流が悪くなるため、腫れが引きにくかったり痛みが出やすいので、抜歯の前後は禁煙をお願いする場合がございます。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ