歯周病・歯槽膿漏

その他の歯周病の治療方法

歯周外科手術

比較的軽い歯周病であれば、歯や歯の周りを清潔に保つ治療を続けることで治すことができますが、炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周外科手術が必要となる場合があります。


位相差顕微鏡「PerioCam-J」


当院の位相差顕微鏡は「PerioCam-J」という輪郭がハッキリしない検体に明暗のコントラストを生じさせ、無染色で検体を生きたまま観察可能になるよう、高輝度グリーンLEDを搭載し、微小な検体も高画質CCDイメージングセンサが鮮明に捉えます。

PerioCam.jpg

これにより、歯周病菌や虫歯菌を、目で確認できることにより、問題意識をしっかり意識レベルに定着でき、また、歯石除去やPMTC、また細菌は3DSという歯周病治療など、当院で患者様とご一緒に進めていく様々な予防歯科治療の結果を画面上に表示させて、成果をしっかり確認しながら皆様を進めていきたいと考えております。

microscope.jpg

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ