審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは

「審美歯科」という用語は、「審美性を追及する歯科治療」という広い意味で使われています。その中でも見た目の美しさを追求した詰め物やかぶせ物、差し歯などは日々さまざまな材質による新しい商品が開発されています。
保険適用範囲の銀歯やレジンなどが一般的ですが、審美性はもちろんのこと、劣化などによる長期的な治療費を計算した上でオールセラミックやジルコニアなど長持ちする材質を選択する患者様が増えています。
おそらくみなさんのご想像よりも選択肢が広く、ご予算に合わせて様々な方法がとれる審美的歯科治療です。

クラウン(単冠)とインレーの違い

クラウン(単冠)とインレーの違い

クラウン

一般には歯の「かぶせ物」として知られており、単冠とも呼ばれます。歯の欠損した部分を補修仕切れない場合、歯全体を冠として覆い、1歯全体を補います。

クラウン(単冠)とインレーの違い

インレー

一般には歯の「詰め物」として知られています。虫歯が小さい場合にはその虫歯の部分のみを削り取り、詰め物(インレー)を詰め、治療を終了します。

詰め物かぶせ物の種類

詰め物かぶせ物の種類

保険適用の材質

・レジン樹脂
保険適用の材質の中で一般的なものの代表がレジン樹脂です。レジン樹脂は永年使用していると、変色したり、擦り減りやすく、脆い材料のため、噛み合わせに強い力が加わる部分への使用はお勧めできません。

・銀歯
いわゆる「銀歯」です。噛める機能は変わりませんが、お口の中が暗くなり、歯茎の色も黒ずんだりすることもあります。
また、金属アレルギーになってしまうこともあります。

詰め物かぶせ物の種類

自費系の材質

ジルコニア、オールセラミックス、メタルボンド、ハイブリッドセラミックス、金歯他様々な材質があります。保険適用の材質に比べ人体に影響が少なく、審美的にも優れており、生涯治療費は保険材質に比べると安くなるケースが多いです。

ガムピーリング/歯肉が黒ずんでしまっている方へ

メラニン色素がある歯肉の上皮部分を取り去り、新しい歯肉の成長を促すことで、ピンク色の歯肉にする方法です。

施術不可の方
1.金属の色うつりによる歯肉の黒ずみ
2.妊娠中の方
3.フェノール、アルコール類のアレルギーがある方
4.歯肉炎、歯周炎のなど炎症のある方
5.18歳未満の方

注意事項
1.タバコを吸われている方は、再沈着します。
2.ピーリングした部位が、3~4日間白くなります。
3.ピーリング後は、辛い物などの刺激物を控えていただきます。また、お口の中は歯ブラシやうがいなどで清潔を保ってください。
4.さし歯などの金属が原因で、歯肉が黒ずんでいる方には効果がありません。
5.多少ヒリヒリする感じが出ます


料金
片顎5,000円(税抜)
両額10,000円(税抜)

綺麗な歯肉のピンク色を持続させたい方は、定期的に行うことをおすすめ致します。


SHINJUKU EAST DENTAL OFFICE
TEL 03-6457-3620

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ