矯正歯科

正面からは装置を付けているように見えない歯科矯正;舌側矯正(裏側矯正)

昨今の舌側矯正は他の人からほとんど見えず、装置が小さくなり違和感も軽減されたものになっています。


「歯並びは治したい。だけど、矯正装置が目立つのではと気のりしない人」
「職業的に、どうしても人から見える表側の矯正装置はつけられないという方」

歯並びが気になり、うまく笑えない。
だから、歯並びを治したいけど、、、と躊躇されている方も多いと思います。

舌側矯正とは、矯正装置を歯の裏側に装着するので、他の人に気づかれないで治療ができます。
見た目を気にせずに歯並びを治せるため、治療中も快適に生活できるでしょう。
治療期間も現在では、表側の矯正とあまりかわりません。


現在では装置自体が小さくなりました。
装着後の違和感、発音のしづらさも昔に比べ、最新の装置は非常に軽減されました。
治療中のむし歯に関しても、歯の裏側の装置なので、歯の表面のエナメル質をまった
く傷つけることなく、矯正中に歯の表面のむし歯の心配もありません。


中学生や高校生にも、舌側矯正はできます。
こどもに矯正治療をさせたいけど、むし歯が心配と思っている方も少なくありません。

舌側矯正は、表側の装置にくらべむし歯になりにくいことが中学生や高校生にも勧める理由です。
歯並びを治す矯正治療中に見た目を含め快適な状態で過ごし、さらにリスクを最小限にしたいと思っている方にお勧めです。

舌側矯正(裏側矯正)の利点

表側の装置より、むし歯になりにくい 従来よりも歯を動かす痛みが軽減されている 当院使用の装置は薄い装置なので、舌の痛み、違和感、口内炎などが少ない 楽器の演奏に影響が少ない 快適な矯正治療でストレスが少ない


舌側矯正治療 95万円(税別)~


lingual braces.jpg

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ